在籍確認不要でお金を借りる方法

在籍確認不要でお金を借りる方法

カードローンを契約する時、必ず審査で契約書に書かれた勤務先に本当に働いているかを確認する為に在籍確認をします。在籍確認をする理由ですが、申込者が継続的かつ安定的な収入を得ているかを確認する為です。

 

継続的かつ安定的な収入を得ていなければ、返済を毎月続けることが不可能です。だから金融機関は審査で勤務先に電話をしてまで在籍確認をします。

 

それで金融機関から勤務先に電話がかかって来るのを嫌がって、カードローンを申し込まない人が多くなってきました。

 

それで消費者金融とかは、前までは会社名を名乗っていましたが、今では個人名で電話をしてきます。それでも電話が有れば職場によってはカードローンの電話だと分かるから、勤務先に電話が有るというだけで、カードローンの契約をやらない人が多く居ます。

 

それで大手消費者金融は顧客拡大の為に電話での在籍確認不要の方法の審査を始めました。その方法は勤務先に在籍していることを確認出来る物を提示すれば、電話で在籍確認をしないというやり方です。

 

その在籍を確認出来る物の種類ですが、勤務先の社員証や保険証、会社名か会社のハンコが押してある給与明細書か源泉徴収票です。それらのうちのどれか一つを提示すれば在籍が確認できたとして、勤務先に在籍確認の電話をしないで審査を進めます。

 

提示の仕方ですが店頭で直接契約の場合はそのまま提示すればよく、電話で申込の場合はファックスで送らなければならないです。無人契約機の場合はモニター越しに確認してもらえて、ネットで契約の場合は画像をメールで送信する必要が有ります。

 

この時すべて直近の物でなければならず、何ヶ月も前のでしたら、証明として認めてもらえないので、直近の物を再提示するか電話で在籍確認をすることにしてもらわないと審査が進まなくて、カードローンの契約が出来ません。

 

提示が終われば後は普通に審査が進み、審査が通ればカードが発行されます。在籍確認不要でも審査には影響ないので、安心して在籍確認不要で申し込めばいいです。