専業主婦でもキャッシングは利用できる?

専業主婦でもキャッシングは利用できる?

2010年に改正貸金業法による「総量規制」が施行されたことで、従来消費者金融から多額の借入をしていた人でも利用できる金額が年収の3分の1に制限されました。

 

また、消費者金融のカードローンの利用条件が「安定した収入を得られる人」となっていることから、当然、収入の無い人は借入ができません。

 

ただ、収入の多寡や雇用形態を条件にはしていないため、パートやアルバイトで収入は少なくても常態的に仕事をし、安定的に収入を得ている場合は主婦でも利用できますし、学生でも成人であれば借入が可能です。

 

ところで、問題は専業主婦ですが、専業主婦でも過去には消費者金融から借入ができていました。それは、民法において、家庭生活を送る上で必要となる食費や教育費、家賃などの生活費に関しては、妻が夫の代理で金銭貸借契約をすることが認められており、その借入金は「日常家事債務」として夫にも返済義務を課していたからです。

 

しかし、貸金業法による総量規制が導入されたため、職に就いておらず収入も無い専業主婦は消費者金融からの借入が不可能になりました、と言いたいところですが、実は、総量規制には「例外」の規定があり、夫の同意のあることを前提に、夫の年収の3分の1までの借入ができるようになっています。この例外規定を「配偶者貸付」と言います。

 

ところが、現実にはほとんどの消費者金融が配偶者貸付を受け付けていません。その理由は、事務作業が煩雑になるからです。配偶者貸付を受けるためには、夫の同意書や婚姻関係の証明書(住民票など)、夫の収入証明書が必要になります。そのため、消費者金融は事務効率や対費用効率の悪化を嫌って専業主婦への貸出をしていないのが実態です。

 

ちなみに、銀行は貸金業法の管轄では無いことから総量規制の適用を受けないため、夫に安定収入のあることを条件に専業主婦に対する貸出をしているところが少なくありません。一般的に、利用限度額は30万円か50万円に設定されており、夫の同意書や収入証明書は求められていません。